低位株&ボロ株のおすすめ

低位株&ボロ株(超低位株)に焦点を当てたサイトです

*

低位株 ボロ株 AI関連銘柄 6835 アライドテレシスホールディングス

 

アライドテレシスホールディングス注目です。
同社は昨日8月25日の大引け後、京都大学大学院情報学研究科守倉研究室(守倉正博教授)と、「Network AI」を共同開発したと発表しています。これに好感した買いが入った模様。

低位株 ボロ株 AI関連銘柄 6835 アライドテレシスホールディングス
63円 前日比+18 (+40.00%)

「Network AI」は、高密度無線LAN最適制御技術です。
具体的には、無線LANアクセスポイント(AP)を高密度に設置するだけで、APが電波出力およびチャンネルを自動で制御する技術です。

従来では最適化が難しい各APにおける無線電波出力の自動調整や、使用するチャンネルの最適化を全体として最適化する技術に、事業拡大の期待が高まっているのかも知れないですね。

直近のチャートは、8月12日以降、株価の水準を大幅に落としましたが、今回の材料をキッカケに株価70円台に迫っています。これにつられるかたちで移動平均線が上向き姿勢を見せており、この堅調さが続けばさらに上値を模索してくれるかも?!引き続き注目です。
────────────────────────────

当サイトでは低位株&ボロ株(超低位株)に焦点をあてて記載をしています。そもそも低位株とは?ボロ株とは? 低位株やボロ株の魅力。低位株とボロ株の注意点。低位株投資法やボロ株投資方法とは?低位株やボロ株を使った節税方法などなど…

私個人の経験と知識に基づいて書いているため、異なる意見を持たれる方もいらっしゃるかと思いますがあくまで1つの低位株&ボロ株(超低位株)の捉え方だと思って読んで貰えると幸いです。

今投資すべき急騰チャンス銘柄をメールにてお届け致します。

低位株やボロ株の魅力の1つに『安い』という事が挙げられます。さらに欲をだせば安くて良い物が欲しい訳です。安かろう悪かろうではダメなんです!

そんな欲張りな希望を満たしてくれるのは管理人一押しの投資顧問会社“ファーストリッチ投資顧問”さんです。

ファーストリッチ投資顧問は、低位株・ボロ株に強い印象あります。例えば、2016年4月~5月にかけて株価が大幅に騰がったアスコットの上昇を言い当てています。

詳細はサイト内にも載っていますが、推奨時から最高値の単純計算で約7倍の上昇です。低位株・ボロ株らしい上昇幅ですが、これを完全に動意づく前のタイミングで買い推奨していたのはさすがのひとことです。

ファーストリッチ投資顧問は新規会員登録することですぐ厳選5銘柄を無料で教えてくれます。当然その中に大化け期待の低位株があります。低位株・ボロ株に秘められた魅力を味わってみたいという人にはオススメです。

会員登録は無料なので気軽に登録するのもアリかなと思います。

 - 低位株・ボロ株銘柄情報 ,

  関連記事

no image
低位株・ボロ株 フィンテック関連銘柄 2315 SJI

SJIに注目です。 フィスコグループであるSJIとフィスコ・コインは、先日24日 …

no image
低位株 ボロ株 元号変更関連銘 7946 光陽社

6月9日の今日は低位株・ボロ株の光陽社に注目です。同社はオフセット印刷用の写真製 …

no image
低位株 ボロ株 インバウンド関連銘柄 7513 コジマ

低位株のコジマに注目です。同社はビックカメラ傘下の家電量販店を展開する会社で、イ …

no image
低位株 ボロ株 6731 ピクセラ

6月7日の今日は低位株・ボロ株のピクセラが上がっています。6月2日に「IoT連事 …

no image
低位株 ボロ株 3409 北日本紡績

4月6日の今日は、低位株ボロ株の日本紡績が急続伸、年初来高値を更新しています。石 …

no image
低位株 ボロ株 7746 岡本硝子

6月28日の今日は低位株ボロ株の岡本硝子が一時ストップ高まで上がっていますね。特 …

人生100年時代関連銘柄 低位株・ボロ株【2464】ビジネス・ブレークスルー

人生100年時代関連銘柄 日本政府は2018年6月に「人生100年時代構想会議」 …

no image
低位株・ボロ株 (2321)ソフトフロントHDに注目

今日は、個人的に注目銘柄である(2321)ソフトフロントHDをご紹介! 今年に入 …

no image
低位株 ボロ株 エヌビディア関連銘柄 6840 AKIBAホールディングス

1月30日の今日は低位株のAKIBAホールディングスが騰がっています。 米半導体 …

no image
低位株 ボロ株 バラスト水処理装置関連銘柄 9127 玉井商船 

IMO(国際海事機関)が成立を進めていたバラスト水管理条約について、フィンランド …

 ページトップへ