低位株&ボロ株のおすすめ

低位株&ボロ株(超低位株)に焦点を当てたサイトです

*

低位株 ボロ株 節税

株の売買により利益が出た場合、その利益に対して税金がかかります。2014年1月以降の課税率は20.315%(所得税及び復興特別所得税15.315%+住民税5%)です。

100万円の利益が出たとしても税金で20万3150円も納めないといけません。納税は国民の義務なので仕方がないのですが、少しでも納税額を少なくしたいのが本音ですよね。

そこで注目したい低位株 ボロ株を使った節税方法があります。

低位株やボロ株での勝率をあげるには?

 

低位株 ボロ株節税のキーポイントは取得単価

上記で述べた通り、株式投資の売買で得た利益には税金がかかります。これを譲渡益課税と言います。
特定口座などで譲渡益課税を徴収される際の譲渡益の計算方法は以下となります。

譲渡益=売却約定代金-取得費(取得単価×株数)-売却時の手数料

ここで低位株 ボロ株の節税に大きく関わってくるキーポイントが”取得単価”です。
例えば手数料を210円と仮定して1000円の株を100枚購入した場合の取得単価は

取得単価=(約定単価×株数+購入時の手数料)÷株数
(1000×100+210)÷100=1002.1

取得単価は1002.1円になるのですが、端数はほとんどの証券会社で切り上げて処理をされています。その為、上記の例では取得単価は1003円という事になります。

低位株やボロ株での勝率をあげるには?

低位株 ボロ株の節税

それではこれを低位株 ボロ株に置き換えて考えてみましょう。手数料210円と仮定をし10円の株を10000枚買った場合の取得単価は正確には10.021円ですが、端数は切り上げて計算をしますので11円が取得単価となります。

つまりどういう事かと申しますと、手数料を売り買いともに210円と仮定をし10円の株を10000枚購入し11円で売却した場合、利益は9580円です。本来であれば9580円に20.315%をかけた1946円が課税されるところですが、この場合は”無税”となります。

それは何故なのか?と言いますと譲渡益の計算上ではマイナスの損益が出ている事になるからです。

実際に計算をしてみます。
譲渡益=売却約定代金-取得費(取得単価×株数)-売却時の手数料

売却約定代金:11円×10000株
取得費:11円×10000枚
売却時手数料:210円

110000-110000-210=-210円
譲渡益=-210円

譲渡益が-210円と計算をされますから上記の売買の場合は実際には利益が出ているのにも関わらず譲渡益がマイナス計上の為に無税となり節税が出来る訳です。

低位株 ボロ株の節税マジック。マイナスなのにプラス!?

低位株 ボロ株の節税ではさらに驚くべきマジックがあります。それは売買取引で損益を出してしまったにも関わらず、結果的には得をしていた!? という訳もわからない状況です。

どういう事かと言いますと株価10円の銘柄を10000枚買って、結局同額の10円で全株数を売却した場合(売買手数料共に210円仮定)売り買いに掛った手数料分の420円が損益になります。だけど譲渡益税の計算上では-10210円となり10210円の損失が出ている扱いとなります。

この場合、他で利益が出ていて譲渡益税徴収済みであれば還付金として2074円戻ってきます。つまり売買手数料分の420円の損益かと思っていれば2074円戻ってきて、結果的に1654円得していた。という低位株 ボロ株の節税マジックです。

低位株 ボロ株の節税 -上級者編-

取得単価の端数切り上げの恩恵を最大限に受けられるのが株価の安い低位株 ボロ株です。その中でも荒業として同値売買を行い手数料分だけで譲渡益のマイナスを増やす節税方法があります。

ただしリスクも伴いますので私としてはお勧めは出来ません。

極端な話を言えば100万円の利益が出ても税金で徴収される額を0円にする方法です。

10円の株を100万枚購入、その後に同値で売却。その場合は売買にかかる手数料だけがマイナスになりますが譲渡益税の計算上では-1,021,000円となります。

損益通算により利益と損失を相殺する事が出来ますので102万の利益が出てもマイナス分と相殺が出来、税金がかかりません。

つまり売買手数料420円だけで100万円に掛る税額、約20万円を0円にするという低位株 ボロ株の節税方法の1つです。

低位株 ボロ株の節税 注意事項

低位株 ボロ株の節税でキーポイントとなった”取得単価の端数切り上げ”ですが、全ての取引で端数が切り上げになる訳ではありません。以下の場合では取得単価は切り上がりませんので注意が必要です。

・特定口座(源泉徴収あり)ではない口座での取引の場合
・信用取引の場合
・株価が3000円以上(呼び値が5円以上)の株取引の場合

冒頭でもお話をしましたが納税は国民の義務です。所得にかかる税金は仕方がありません。だけど少しでも安い方が良いに決まっています。

低位株 ボロ株で売買を行う時には低位株 ボロ株で使える節税の事も意識しながら取引を行うと極力損失を抑えられると思います。

低位株やボロ株での勝率をあげるには?

 ページトップへ